注文住宅 VS 建売住宅

The road to a happy home…

建売住宅は注文住宅よりも良くないの?

| 0件のコメント

どちらもメリットデメリットがありますのでどちらが良いという部分は人によりますが、一般的に建売住宅よりも注文住宅の方がお勧めできる最大の理由というのは理想の住宅の追求ができるからです。

自由に設計できるというところはやはり最高のメリットです。設備と鎌取といったような事に関して自分好みの住まいの空間を設計できる点です。

もちろん、素人ですから設計に関する知識なんて持ってるわけじゃないのですがそこはプロの工務店に任せればこちらのイメージをきちんとすぐに具現化してくれることでしょう。

例えば料理が趣味なのであれば、キッチンに拘ることもできますし、ゆったりとできるリビングが欲しかったりする人にとっては吹き抜けがあったりすると良いなども良いでしょう。

今現在でもいいのですが将来的なことをふまえて設計するということができるとより人生に大いなるプラスになってくれるのが注文住宅で家を作るということになるわけです。

建売住宅には色々な利点があるのは間違いないです。しかし、少しでも自分の理想の住宅を追求していきたいと言うのであればやはりどうしてもあとから建売住宅をリフォームするということよりは、一から自分の理想を叶えるために作り上げていくほうが手っ取り早く、効率的であるといえるでしょう。

少しでも自分の求める住宅を実現したいと言うのであれば注文住宅にすることの方が良いです。或いは自前の土地があればそこに建てる、ということであれば間違いなく注文住宅のほうが安心できます。

ただし、さすがにコスト的に大きくかかることになりますし、手間がかかることになります。また、自分がどんな住宅を作りたいと考えているのか、ということが明確になっていないと結構、愚だ愚だになってしまう、ということがある点でしょう。

そのあたりがやや注意したほうが良いことでしょうし、細かいことを考えるのが面倒、ということがあるのであれば建売のほうがよい、ということも多くあるでしょう。そのあたりをよく比較して決めるようにしたほうがよいでしょう。